ハウステンボス お土産

ハウステンボス歌劇団は宝塚出身者!

世界最大規模を誇るイルミネーションや日本初となるワンピースアトラクション
など2013年、何かと話題をさらった長崎ハウステンボスに2014年、
年明け早々お目見えした注目のスポットがあります。

 

それが常設の新劇場「ミューズホール」です。

 

 

オープン初日の1月11日には、完成したばかりの新劇場で繰り広げられる
本格的な舞台を一目見ようと、待ちきれなかった地元の人やファンが
長蛇の列をなし、劇場があるアトラクションタウンは大変な賑わいを
みせました。

 

ミューズホールで行なわれたこけら落とし公演は、吹き抜け設計の全252席が
満員となり、大盛況かつ華々しい幕開けとなったのは言うまでもありません。

 

 

ミューズホールがここまで注目を集めるのにはワケがあります。

 

新しいスポットという話題性、ここでしか観られない演目内容、そしてなんと言っても
こだわりの出演者という点です。

 

 

1日に4回行なわれる日舞・洋舞公演は、全国的に熱狂的なファンが多いことでも
知られる宝塚歌劇団出身者やOSK日本歌劇団出身者が中心となり舞台を
務めるだけあって、ハイクオリティーかつエンターテインメント性の高いものです。

 

チケットが取れない、劇場が遠いなど、なかなか宝塚の本公演を観る機会に
恵まれなくとも、ハウステンボスのミューズホールで行なわれるショーを
体感すれば、宝塚を身近に感じられ贅沢な時間が過ごせます。

 

 

通常公演の他に特別公演や月によって演目が変わるなど、これからますます
目が離せないスポットになりそうです。

スポンサードリンク