ハウステンボス 入場料 割引

ハウステンボスのチケットはホテル利用がお得!

九州方面の旅行の候補地として長崎ハウステンボスを
考える人も多いのではないでしょうか。

 

遠方から行く場合、個人で計画を立てる、あるいは旅行会社
のツアーを利用するということになりますが、
滞在するホテルというのも楽しむための大きな鍵となります。

 

 

ハウステンボス周辺には、観光客向けのホテルが多数あります。
その中でも、パークに一番近くて便利なのがオフィシャルホテルです。

 

オフィシャルホテルの利用は、パーク内へのアクセスが容易
というだけでなく、宿泊することによって様々なサービスが
受けられます。

 

 

ハウステンボスのオフィシャルホテルには、ザ・スリーホテルズと
呼ばれるホテルヨーロッパ、ホテルアムステルダム、
フォレストヴィラやホテルオークラJR ハウステンボス、
ホテル日航ハウステンボス、ウォーターマークホテル長崎
・ハウステンボスがあります。

 

それぞれ異なる特徴やサービスがあり、どのホテルも魅力的ですが、
共通するサービスとしてオフィシャルホテル宿泊者のみ購入できる
パスポートというのがあります。

 

@オフィシャルホテル1.5DAYパスポート
ハウステンボス入場連続2日間(初日15時以降)及びパスポート対象
有料施設利用連続2日間(初日15時以降)が含まれます。
通常料金は、大人(18歳以上)7,600円、中人(中・高校生)6,600円、
小人(4歳〜小学生)5,300円、シニア(65歳以上)7,100円です。

 

Aオフィシャルホテル2DAYパスポート
ハウステンボス入場連続2日間及びパスポート対象有料施設利用
連続2日間が含まれます。
通常料金は、大人(18歳以上)9,200円、中人(中・高校生)8,200円、
小人(4歳〜小学生)6,900円、シニア(65歳以上)8,600円です。

 

@とAいずれも、9月19日と20日は各チケットとも800円ずつ割増となり、
12月30日と12月31日は対象外となります。

 

B再入場パスポート
オフィシャルホテル宿泊者の翌日再入場専用1DAYパスポートが
含まれます。
料金は一律3,100円ですが、9月20日は3,900円、12月31日は
対象外となります。
利用には、前日の入場券が必要です。(ただし、夕方以降利用
できるチケットは対象外)

 

 

パークで存分に遊んで疲れてもすぐに休める近さ、日帰りパスポート
に比べて割安感があり、再入場パスポートもあるハウステンボスの
チケット、オフィシャルホテルを利用すれば何倍も楽しめること
間違いなしです。

スポンサードリンク